ぐるぐるぐるめ時報

スポンサーサイト

2005.06.17 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

A|Z Books & Cafe@麹町

2004.07.27 Tuesday 16:20
こんなところに何故突然と思う様な場所に、お洒落なカフェができたのはもう随分前。しかも普通のカフェではなくて、青山や代官山にあっても全く驚かないような、一ひねりあるカフェ。壁が本棚で埋め尽くされていて、色んなジャンルの本が山の様に置いてあるカフェ。ご飯がめったやたらと旨いカフェ。音楽のセンスもとっても素敵なカフェ。1年くらい前からランチのテイクアウトでお世話になりだした、最近のお気に入りだ。

日替わりのスープフルーツジュースから1つ、トルティーヤ丼ものから1つ選んで580円。世のお弁当屋がなんだかんだで炭水化物たっぷり揚げ物炒め物たっぷりの男前な内容になっていることが多い中、完全に女性ターゲットで野菜たっぷりバランスばっちり量もきっかりと申し分ないランチが食べられる。毎日変わるから、毎日行っても飽きない。メニューも「たっぷりオクラとバンバンジーロール」だとか「かりかりじゃこと梅ごはん」だとか、わかるでしょう、もう女心をくすぐるったらないの。しかもデザートとして常時2〜4種類のパウンドケーキがあって、これも美味しい。お気に入りは「シナモンアップルパウンド」と「ブルーベリークリームチーズ」。ヤバイのよ。旨いのよ。

テイクアウトが美味しいんだから、当然店内で食べるものも美味しい。お値段もお手頃で、例えば妙齢の女子3人で楽しくお食事して、飲み物もデザートも込みで1人あたま3000円弱。料理のジャンル分けがとても難しいけど、いわゆるカフェご飯と呼ばれるものなのかしらん。和食とエスニックを上手く合わせたような感じ。盛りも多からず少なからず。あくまで見た目はカフェ、というよりお洒落な図書館とも呼べる風情でありつつ、美味しいご飯がしっかり食べられるのだ。

本がたくさん置いてある利点は、1人で行っても時間をもてあましたりしないこと。それと、いつまでいても追い出されたりしないこと。そんな空気を漂わす様なことすらないから、落ち着いて時間が過ごせる。いいでしょう。それ故混んでいることもあるけれど、そのときはそのときで。人気が無くてなくなっちゃうより全然いい。

金曜の夜は、何故か貸し切りのケースが多いので、お電話してから出向くとよろしいでしょう。お店の名前は「えーぜっと ぶっくす あんど かふぇ」と読むのが正しいんだそうです。

A|Z Books & Cafe
http://www.npv.co.jp/
カフェ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

2005.06.17 Friday 16:20
- | - | - | pookmark |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://bonkura.jugem.cc/trackback/25

トラックバック